農園だより|加藤農園

おいしいトマトのお取り寄せ・通販【加藤農園】 アイコは甘味と酸味のバランスが絶妙なミニトマト。おいしいトマトのお取り寄せ・通販はぜひ加藤農園でどうぞ。

加藤農園 ミニトマト「アイコ」のお取り寄せ・通販

農園だより

謹賀新年(美味しいトマト・甘いトマトのアイコより♡)

さて、年が明けました。2018年、平成30年となりました。

相撲や、北朝鮮、トランプさんなど、様々なニュースは相変わらずです。

アイコの人気も相変わらずで、また、札幌のスキー場から注文が入りました。

何と、加藤農園のミニトマトは札幌でも食べられているのです。

これは、園主が小5~6の時に札幌で暮らしていた時の友人の関係なのですがスタッフとしてもちょっと嬉しいところです。

さて、その園主ですが、実は・・・元号嫌いなのですよ。

えー何でーと思って話を聞いてみると・・・。なんとまあ「世界で通用しないから・・・。」というのです。

時々、「和歌山県人は他府県で通用せん。」と言っているので、どうやら、彼は脳内で「ランク付け」をしているようです。

その観点では確かに、昭和・平成といった元号は他の国では全く通用しないでしょうねぇ~。

実際、クレジットカードの有効期限など、ちょっとでもインターナショナル的なものでは西暦でしか表現されてませんよねぇ~。

ですので、園主は個人情報で生年月日を聞かれると、「昭和?西暦?」と聞いてから答えるんですと・・・。やっぱ、変人ですかねー!?

美味しくて、甘いトマトのお取り寄せ・通販は当農園でどうぞ。(亥)

アイコ(美味しいトマト・甘いトマト)を来年もよろしく♡

本日は、今年の仕事納め、収穫納めです。

本当に厳しい年でした。

ハウスは2つダメになってしまい、そのハウスでは今シーズン限りの作となりそうです。

一体、来年はどうなるのだろうかと少々不安のある年末ですが、アイコちゃんは結構元気です。

寒さにめげず、結構立派に花を咲かせています。

DSC_025

されど、その花が収穫できる実になるのは、そうですね2ヶ月後ぐらいかなー。

とにかく、寒いときはゆっくりじっくり赤くなっていくので、収穫までの時間はかかりますが、そのかわり甘さも十分ノッテくるのです。

ですので、今、収穫量は、めっちゃ少ないのですが、甘さはピークとほぼ変わりのないものとなっているのです。

さて、新年は4日から収穫スタートとなりますが、皆様への販売は、5日からとなります。

もちろん、この冬休み中でも、注文は受け付けていますので、お気軽に注文して下さい。

それでは、皆様、良いお年をお迎え下さい。

 

美味しくて、甘いトマトのお取り寄せ・通販は当農園でどうぞ。(午Ⅱ)

アイコ(美味しいトマト・甘いトマト)の人気

先日、ちょっと嬉しいことがありました。

園主の友人が、親戚へのお歳暮に当農園のアイコを買ってくれたので発送したのですが・・・。

大変気に入ってもらえて、おすそ分けした家でも、また、注文してきてくれたのですヨ。

友人自体はもともと、当農園のミニトマトの味は知っていて、自宅にも購入してくれたりしていたのですが・・・。

ネット販売をしていても、このように口コミで広がっていく、というのはとても嬉しいことです。

皆さんもぜひ、当農園のアイコを試してみて、その人気の秘密を確かめて、他の人にも広めてもらえたら、と思います。

何はともあれ、一度味を確かめてもらえたら納得してもらえると思います。ぜひ、当農園のアイコをお試しあれ。

美味しくて、甘いトマトのお取り寄せ・通販は当農園でどうぞ。(亥)

これは寒い師走だぁ~

実際、これだけ低温の日が多い12月は、園主は「もうすぐ、和歌山に来て丸23年が経つが、こんなに寒い12月は初めてだ。」と言っています。

さぞかし、加温機の稼働時間が長く重油代がバカにならないのでは…?と思うのですが、どうやらそんなに酷いことにはなってないようです。

園主が信頼しているハウスの業者はそれは丁寧な仕事をしてくれるので、防寒対策もかなりバッチリのようです。

当農園では重油を燃やして、その温風をハウス内に放出する、普通の加温方法で対応しています。

重油代は園主が、和歌山に来てからは、今は当時の倍以上の値段がしますが、一時は3倍にもなり、経費としては人件費についで大きいものとなっているそうです。

そのため、防寒対策は、ハチの逃亡防止とともにかなり慎重にかつ丁寧に対応しなくてはならないのです。

それが、その業者さんのおかげですごく助かっています。

何せ、不器用キングの園主ですので、そのような工作・修理は業者頼みなのですヨ。

 

美味しくて、甘いトマトのお取り寄せ・通販は当農園でどうぞ。(午Ⅱ)

アイコ(甘いトマト・美味しいトマト)ちゃーん!

さて、アイコちゃん・・・。とれません!って何が・・・!?

ズバリ、収穫量がメッチャ少ないのです。

加藤農園存亡の機か?というほどとれないのです。

また、泣き言か・・・、と言われそうですが、本当に危機的状況にあるのです。

「去年よりかはちょっとマシ。」と園主は言うのですが、あの収穫量が2t近くも減った昨シーズンと大して変わらぬほどの収穫量の少なさです。

加藤農園は今期一応、過去最高の18aのハウスで栽培しているのですが、普通この面積で1回りすれば最低180㎏の収穫が見込めるはずなのですが、現在、その半分もとれない状況です。

去年は9月の日照不足、今年は10月の日照不足、が原因と言われていますが・・・。

全く先行き不安な毎日です。

やれるだけのことをやって天(気)に任せるというような感じなのです…。

美味しくて、甘いトマトのお取り寄せ・通販は当農園でどうぞ。(亥)

アイコ(美味しいトマト・甘いトマト)を販売中のこちらは…

和歌山の加藤農園です。

園主も「うーむ。」とうなっていましたが、トマトを販売している「加藤農園」はうちだけではないのです。

少なくとも他に2件はあるよーで、そこと間違えてのお問合せや、あろうことか園主がうっかり「後払い」でもいーですよ。なんて言ってしまったもんで、トマトを騙し取られてしまったこともあるのです。

そのワルい人間は他県の加藤農園と間違えて騙しにかかったみたいで、人間嫌いの園主は「後払い」なんて人間を信用したオレがバカだった、とえらく悔しがっていました。

他にも色々あったので、みなさま、何とぞ前払いあるいは代金引換でお申し込み下さい。

お願いします。

これ以上園主を人間嫌いにするとあたしらパートまでとばっちりをうけるのではないかとヒヤヒヤもんです。

今回はえらくブラックな内容になってしまいましたが、アイコ(美味しいトマト・甘いトマト)はちゃーんと味はのっていますので、安心してご購入下さい。

それでは、スタッフ一同みなさまのご注文をお待ち申し上げています。

 

美味しくて、甘いトマトのお取り寄せ・通販は当農園でどうぞ。(午Ⅱ)

アイコ(美味しいトマト・甘いトマト)の販売開始!!

さて、皆様、ようやく今シーズンのアイコ(美味しくて甘い、だ円型のトマト)の販売を開始致します。

来週11月20日(月)から入金確認できたお客様より、発送致します。

今シーズンは2㎏(白箱)の他、3~6㎏で内容量の選択できる茶箱の2通りで販売します。

2キロ箱、6キロ箱共各地送料は同じです。

お好みの量でご注文下さい。勿論、6キロ箱×2の比較的多量の注文もお受けします(注文数多数の時はお待ち頂く場合もございます)。

6キロ箱×2で1梱包の場合は送料は200円upとなります。

その他にも色々、おつかい物なども承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

結構、融通は利く、と思います。

法事のお土産や様々のお礼の品としてもご利用頂いており、スタッフのやる気、励みの源ともなっているのです。

皆様、是非1度お試し下さい。

スタッフ一同、ご注文をお待ち申し上げていますよ♡

美味しくて、甘いトマトのお取り寄せ・通販は当農園でどうぞ。(亥)

 

アイコ(美味しいトマト・甘いトマト)の販売開始間近

いよいよ、来週ぐらいに皆様に販売開始のお知らせができるのではないかとスタッフ一同楽しみにしています。

例年より少々遅くなりそうなのと、あまり沢山とれなさそう、というのが心配だったのですが、何とか販売開始にこぎつけられそうです。

心配した理由は何といっても10月の日照不足です。

10日ぐらい雨続きだったり、2週連続でしたか、台風の影響と、トマトの生育には不利な天気だったかと思います。

台風は風の影響の心配もあり、その為の余計な仕事も色々あって園主は、「大変ストレスの溜まる、例年になく忙しい10月であった。」と言っています。

来週販売開始告知ができることを祈っていて下さい。

美味しくて、甘いトマトのお取り寄せ・通販は当農園でどうぞ。(亥)

アイコ(美味しいトマト・甘いトマト)の初出荷

やっと、出荷することができました。

出荷先は、園主がトマトを作りだしてからずっと取引のある大阪の市場です。

出荷といってもたったの1.4㌔で、全てのハウスをまわって収穫し、良いものを選んでそれだけです。

ですので、皆様にご提供できるのはまだ先の話です。

もちろん、販売開始となりましたら、すぐにこの欄でお伝えします。

出荷したトマトですが、まだ出始めですので皮は比較的厚く、甘いやつ、そうでもないやつと味のバラつきが多く、やはりまだ「夏のトマト」という感じです。

前にもふれたかもしれませんが、暑いときにはトマトも水分蒸発を防ぐために皮を厚くして身を守るそうです。

水分が抜けた方が味は甘くなるんですけどネ。

早く皆さんに食べてもらいたいなー。

でも「今年は遅れそうだ」と園主が言っていたのでちと心配。

 

美味しくて、甘いトマトのお取り寄せ・通販は当農園でどうぞ。(午Ⅱ)

台風(やっぱり、美味しいトマト・甘いトマト栽培の敵)21号

最悪のハウス倒壊などの被害はまぬがれることができました。

しかし、ビニールが破れたハウスが3つ、部材(金属)が外れたり、抜けたりしたハウスが2つ。

園主は今週から修理にかかりっきりです。

パートも少々手伝いましたが、限度があります。部材の組直しなどはハウス屋さんに来てもらわねばならなくなりました。

そして、そろそろ、ビニールを張り替えなくてはならない時期がきていますので、来てもらった時に、「ついでに張り替えてもらおうかな」と園主は言っていました。

今年は結局2つのハウスの張り替えがあるのですが、そのうちの1つが50m級でして、ビニールの重さも結構なものになります。

園主も昔のようなパワーがなくて、50m級ではてっぺんに登って引っ張らないと被せることが出来なくなっているのです。

台風の被害を省力化に切り替えようとするのは、やり手(?)なのかな?

美味しくて、甘いトマトのお取り寄せ・通販は当農園でどうぞ。(亥)