お盆明けに苗を定植し、栽培が始まります。

saibai_house1

盆過ぎに植え付けをするのは、根をしっかりと張らせて、台風の被害にあっても回復をより早くさせるためです。

適切に水やりを行い、病害虫の予防に努め、育てていきます。

saibai_grow1

苗が育つように適切に水をやり、病害虫の予防に努めて、育てていきます。 またトマト栽培期間中は、雑草対策にも追われてきます。 トマト栽培にとって、最大の敵のコナジラミという虫が発生するのを極力おさえるためです。 この虫は色んな雑草をエサとすることができ、トマトなんかは大好物なのです。 そして、黄化葉巻病のウィルスを次々と移していくので大変な困り者です。 このため、ハウスは0.4㎜メッシュのネットですきまのないようにして、侵入を防がなくてはならないのと同時に、周辺の雑草を除草剤で枯らして発生を防ぐのです。

まもなく結実→肥大となります。

DSC_008

実が成長し大きくなりました。これから赤く色づいていきます。

いよいよ収穫!

DSC_0114

真赤なつやつやトマト、愛情をこめて育てた分、おいしいトマトが出来上がります。

およそ、定植から2ヶ月で収穫開始です。

収穫は一つ一つ丁寧に。

DSC_012

赤く色づいたトマトから一つ一つ丁寧に収穫していきます。
およそ、9ヶ月という長い期間収穫できます。

きれいなトマト・キズがついているトマトを選別していきます。

DSC_011
DSC_011

ひとつひとつ目視で確認し、仕分けを行います。左側がきれいなトマト、右側が傷ありトマトです。

選別が終わり、重さを計って箱詰めし、箱いっぱいのトマトをお届けします!

DSC_016
DSC_016

トマトは大中小、様々な大きさのトマトが入っています。

味はみんな一緒です。

トマトの断面図。とってもおいしいトマトをぜひお召し上がりください。

DSC_0109